PR

エクセル(Excel)で重複データを一掃!重複データの強調・削除テクニック!

この記事は約3分で読めます。
【PR】

Excelで大量のデータを扱う際には、重複したデータが問題を引き起こすことがあります。
重複したデータは正確な集計や分析を妨げ、作業効率を低下させます。

特にデータの量が増えるにつれて、重複の管理はより重要になります。


この記事では、Excelで重複したデータを強調したり削除したりする方法を解説します。
これらの方法をマスターしてデータのクリーンアップ作業を効率化し、正確な結果を得る方法を学んでいきましょう。

この記事のゴール

  • 重複データをマークする方法がわかる
  • IF関数とCOUNTIF関数を用いて重複データをマークできる
  • 重複データを一括で削除する方法がわかる
【PR】

重複の強調方法

Excelでデータを扱う際、重複は見逃せない問題です。これを効果的に強調する方法を2つ紹介します。

条件付き書式で強調する

条件付き書式を使用すると、特定の条件を満たすセルを自動的に強調表示することができます。

以下の手順に従って重複を強調してみましょう。

  1. 強調したいセル範囲を選択します。
  1. [ホーム]タブから[条件付き書式]を選択します。
  1. [セルの強調表示ルール]をクリックし、[重複する値]を選択します。
  1. 重複時の書式設定を設定し、OKを押下します。
  1. 重複しているセルが強調されました。

IF関数を使ってマークする

また、IF関数を使用して重複データをマークすることもできます。以下の手順に従ってみてください。

今回はE列で重複チェックをしてみます。

  1. E4セルに以下の式を入力します。
    =IF(COUNTIF($D$4:$D$34,D4)>1,”重複”,”-“)
  1. 入力が完了したらEnterを押し、セルの右下隅にある「オートフィルハンドル」(小さな■)をドラッグして、自動的に埋める範囲を選択します。

これにより、各セルに重複がある場合は”重複”、ない場合は”-“と表示されます。

重複データを削除する

次は、重複データを削除する方法をみていきましょう。

これまでの操作で特定した重複データは、1つ1つ手動で削除することもできますが、Excelの機能を使って一括で削除することもできます。
以下の方法を試してみましょう。

  1. 重複したデータが含まれるデータリストを選択します。

重複の削除は、選択した範囲の列を削除します。
関連データがある場合は必ず選択範囲に入れましょう。

  1. [データ]タブから[重複の削除]をクリックします。
  1. [重複の削除]ダイアログボックスが表示されます。削除する基準を選択し、[OK]をクリックします。

これで重複データが削除されます。

重複データ削除のルール

上記の方法で重複データを削除した場合、重複データのうち最初に出現した行が残され、それ以前の重複した行は削除されます。

まとめ

この記事では、Excelで重複したデータを効果的に管理する方法を紹介しました。
データの強調と、一括削除を組み合わせることで、データのクリーンアップ作業を効率化し、正確な集計や分析を行うことができるようになります。

この記事で紹介した方法を活用して、作業効率を向上させ、正確な集計・分析をおこないましょう。

重複データを効率的に把握し、業務に役立てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました