PR

エクセル(Excel)シートの保護で大切なデータを守ろう!

この記事は約4分で読めます。
【PR】

Excelを使ってデータの集計や名簿の作成をしていると、誤ってデータが編集されたり、消去されたりすることがありませんか?
特に複数人でデータを共有する場合、データの改変を防ぐためにシートの保護が重要です。

しかし、シートの保護機能の設定方法や使い方がわからないと、効果的にデータを保護することができません。

そこで今回は、Excelのシート保護機能について詳しく解説します。
シートの保護の設定方法から解除方法、さらにシートの保護とブックの保護の違いについても理解していきましょう。

データの改変を防ぐための基本的なスキルを身につけることで、安心してデータを共有し、効率的に作業を進めることができます。

この記事のゴール

  • シートを保護する方法がわかる
  • 特定のセルのみ編集できるようにする方法がわかる
  • シートの保護の解除方法がわかる
【PR】

シートの保護の設定方法

早速、シートの保護の設定方法を確認しましょう。

対象のシートをすべて保護する

シート全体を保護することで、全てのセルの編集を制限できます。
設定方法は以下の通りです。

  1. 保護したいシートを開きます。
  2. [校閲]タブから、[シートの保護]をクリックします。
  1. [シートの保護]ウィンドウが表示されるので、OKをクリックします。
    シートの保護を解除するためのパスワードは、ここで設定することができます。

以上の手順で、シート全体が保護されます。

シートの保護の設定をおこなうと、セルを選択した際に以下のメッセージが表示され、編集できなくなります。

一部のセルを入力可能にする

シート全体を保護することで、全てのセルの編集を制限できます。しかし、特定のセルだけは編集できるようにしたい場合もあるでしょう。その場合は、次の手順で設定します。

この作業はシートの保護を設定する前に行います。

  1. 編集を可能にしたいセルを選択します。
  1. 右クリックし、[セルの書式設定]を選択します。
  1. [セルの書式設定]ウィンドウの[保護]タブをクリックします。
  1. [ロック]に入っているチェックを解除し、OKをクリックします。
  1. 先ほどの手順通りにシートの保護を設定します。

以上の手順で、指定したセルだけが編集可能になります。

入力可能にしたい範囲が複数ある場合

もし、編集可能なセルを複数指定したい場合は、次の手順で設定します。

  1. 保護したいシートを開きます。
  2. [校閲]タブから、[範囲の編集を許可]をクリックします。
  1. [範囲の編集を許可]ウィンドウが開くので、[新規]をクリックします。
  1. 編集を可能にしたい範囲のタイトルと、参照範囲を指定し、[OK]をクリックします。
    範囲の編集を許可するためのパスワードは、ここで設定することができます。
  1. タイトルと範囲が正しく指定できていることを確認し、[OK]をクリックします。

シートの保護の解除方法

シートの保護を解除する方法はとっても簡単です。

  1. [校閲]タブから、[シート保護の解除]をクリックします。

以上で、シートの保護が解除されます。

シンプル過ぎてびっくりしますね(笑)

シートの保護とブックの保護の違いは?

ところで、Excelの保護機能には「シートの保護」と「ブックの保護」があることにお気づきでしょうか。
これらは名前こそよく似ていますが、それぞれ異なる機能です。

その違いを簡単に解説します。

大きな違い

最も大きな違いは、「保護する範囲」です。

シートの保護は、特定のシート内のセルの編集を制限するのに対し、ブックの保護は、Excelファイル内のシートの構成に対する操作を制限します。

シートの保護でできること

シートの保護でできることは以下の通りです。

  • セルの編集や書式設定を制限できる
  • 行や列の追加・削除を制限できる
  • オートフィルターやピボットテーブルの使用を制限できる

ブックの保護でできること

ブックの保護でできることは以下の通りです。

  • 新しいシートの追加やシートの削除を制限できる
  • シートの表示・非表示の変更を制限できる
  • シートの名前の変更を制限できる
  • パスワードを設定することで、ファイルを開くこと自体を制限できる

まとめ

Excelのシート保護機能を使うことで、データの誤った編集や削除を防ぐことができます。特定のセルだけを編集可能にすることもできるので、共有データの管理に役立ちます。

シートの保護や解除の方法をマスターし、安心してデータを管理しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました